こんにちは。最近シャンプーは2日に1回で良いのではないか?!と思ってきているSo hollandです。さて、本日は日本とはちょっと違ったシステムのオランダのゴミ事情を。

オランダの街中

オランダの街中にゴミが多いか少ないかと言われれば、常に街を綺麗に保とうとしている姿勢が垣間見れます。例えば、大きなホースが付属されている機器を背負って街を綺麗にしている清掃員さんや、清掃車で道路を綺麗にしていたり。自分の住んでいる街ではよく公共のゴミ箱も見かけますしね。あと、電車に乗っていてもボックス型のシートなどにはゴミ箱が付属してあるし、毎回清掃員さん達がゴミ回収してくれるのを何度も目撃しています。ただ、毎日フェリーを使う毎に思うのですが、主にペットボトルが運河に沢山浮いていて、うーん、、、と考えさせられます。

オランダのゴミ回収

オランダのゴミ回収は日本のそれとはちょっと違ったシステムですね。これは地域によって違うのかもしれませんので私の地域の話になりますが、燃えるゴミ、ペーパー、グラス、粗大ゴミと分別をし、指定の場所に持っていき、ゴミを捨てます。燃えるゴミに関してはカードを挿し込むと、ゴミの扉がオープンする仕組みになっています。

写真引用:By Autopilot – Own work, CC BY-SA 3.0,

それでこのゴミ、どこに行くのでしょう?!実は巨大なコンテナが地下に埋め込まれていて回収日に巨大なトラックがやってきて、ゴミを回収して行きます。日本では1つ1つ手作業でゴミ収集車に詰め込んでいるのが普通なので、最初に地下に大きなコンテナが埋まっていると知った時は結構衝撃的でした。

ペットボトル・ビールビンリサイクル

ペットボトル・ビールビンに関してはスーパーにてリサイクルができ、1本につき10セント〜の返金され、スーパーでバウチャーとして受けることができます。写真のようなマシーンにボトルを挿入していきます。ただし、これは私もつい最近知ったのですが、上記写真のようなペットボトルの1000ミリリットル以下は返金がされません。ショック!やはり持ち歩きのマイウォーターボトルを持っていた方が良いという事でしょうか。皆様もお気をつけくださいね。

以上!

オランダゴミ事情