ここアムステルダムでもデリバリーサービスは大人気、日本にいる時はUber Eatsの大きなボックスを背負ったデリバリーガイを見かけましたが、こちらでよく見かけるサービスは2つあります。これまた学生さんであろうイケメンオランダ男子がもの凄いスピードで自転車漕いでデリバリーしている風景をよく見かけます。食事食べたくもないのに、デリバリー依頼しようかな(笑)

さて、それはさておき、今日はアムスでよく見る2つのデリバリーサービスについてちょっと調べてみました。

thuisbezorgd.nl

オランダで2000年に設立されたこの会社はドイツやスイスなどのオランダ周辺国、アジアでは唯一、ベトナムにて展開しています。Takeaway.comというが運営していますが、国によってサービス名は異なるようです。

利用方法も簡単で配達希望先の郵便番号入力するとレストランを検索してくれます。ミールの種類、配達時間、配達コスト、最低注文料金が検索後の一覧にて確認できます。アカウント登録もFacebook対応してあり、便利です。その他、マップマークをクリックするとどこに店があるのかを確認できたり、デリバリーサービスだけでなく、pick upも可能なレストランの選択もできるので、かなり便利そうです。またdeliverooと比較すると明らかにレストランとの提携数が多いのがわかります、私の地域で検索したところ、deliverooが10件なのに対して、なんと10倍の100件出てきました。

deliveroo.nl

デリバリーサービスが当たり前のNYからロンドンに帰国したファウンダーが、地元のそのサービスに不便に感じたことから2013年に始まったこの会社、実はヨーロッパを中心とする欧米だけではなく、シンガポールや香港でもサービスが展開されています。日本には進出しないです。。また会社名ですがカンガルーが我が子を大事に扱うことから、デリバリーする食事に関しても同様に扱うというところから由来しているそうです、誰かに教えてもらわないとなかなかそこまで気にしなそうな名前と思うのは私だけ。。。

こちらの利用方法もthuisbezorgd同様です。検索結果として一覧が出てきますが、明確な詳細がなく、アカウントもSNS対応はしていないので、利用者としてはthuisbezorgdの方が使いやすいのかなと思いました。ただPCのトップページは人気メニューなどの特集が組まれているし、検索結果の一覧はお店のロゴではなく、ミールのイメージなので何を食べようか迷っている人には便利かなと思いました。よく、CMや街角で広告を目にするのでまだまだ拡大中なんでしょうね。

どんなメニューがあるか興味がある方はこちら

thuisbezorgd.nl

deliveroo.nl

アムスはインターナショナルな街だけあって、本当に世界各国の食事が楽しめます。たまには食事にレストランに出かけるのもいいですが、手軽に同じような値段で家で楽しめるのであればこちらのサービスが人気なのも納得ですよね。また、日本ではレストラン自体がデリバリーサービスをするのがまだまだ主流だけれど、こちらではデリバリー会社がレストランと提携するのが主流となっている点も合理的というか、自分達できない事はしないスタンスというのかアウトソースするのが普通というのか、なんか納得しました。

アムステルダムのフードデリバリー事情

Tagged on: