4月に入ってからやっと荷造りを始めました。いつもはわりかし1日くらいで終了するのですが、今回は自分でもびっくりするくらい荷物が多く、気づいたら5つにもなっていたので、これは多すぎるだろと思い、頑張って4つに減らしました。そんなことしていたら2−3日かかってやっとパッキング終了。そしてオランダの税関って日本より厳しそうな情報もあったのでそちらについてもメモしておきます。

荷物が多い場合

私は海外長期滞在する際は、いつも持込できるサイズのスーツケース、無料の預け荷物(23kg程)、それだけでは十分ではないので、追加料金を払ってもう一つ23kgの荷物をあづけられるようにしています。航空会社によるかと思いますが、料金も大体1万円くらいなので、20kgくらいなら、郵便局のサービスを利用するよりずっとお得かと思います。
例)追加で20kgの荷物を送付したい場合
郵便局
EMS:29,600円
航空便:27,150円
SAL:19,550円
船便:10,250円
※東京からオランダへ送付の場合
郵便局の値段についてはこちらで確認できます。
航空会社

23キロ、且つ158センチの荷物まで:10,200円

自分が利用したエアラインにて記載
 
今回は荷物(大)が4つもあったので、3つは航空会社のものを利用し、(無料x1、追加x2)、1つは郵便局から送付する事にしました。最後の1つも航空会社で追加しても良かったのですが、1人で4つも荷物抱えてたら絶対に税関で止められる気がしたので、郵便局から送付する事としました。と言っても23kgを3つでも十分に多いので税関が混んでいる事を願う!

荷物を家から空港に送付

1人で重い荷物をいくつも移動は無理なので、自宅から空港に荷物を送付してしまいます。
料金はこちらで比較してみました。
※いづれも東京から成田空港まで、片道分、サイズはスーツケースの大きさです
QLライナー:1,860円(サイト
ABC:2,160円(サイト

ヤマト:2,484円サイト

QLライナー、ABCは重さ20kgと記載してあったので、QLライナーに電話してみたら、スーツケースの場合は重さではなく、大きさでみなしてくれるみたいです。またどこの会社も渡航の前日〜前々日までに荷物を集荷してもらう必要があるみたいです。

郵便局から送る荷物

郵便局から送付する国際小包も郵便局で集荷依頼ができます。
詳しくはこちら

オランダでの税関

税関のことなど全く心配してなかったんですが、何かがキッカケで情報を色々みていたら、オランダでの税関って結構厳しいっぽいですね。。
こちらで確認できます。(”スキポールの税関利用の手引き”から参照ください
今日はこれで終わり
海外移住前にやっておくこと③荷造り

Tagged on: